家出人調査の費用・料金相場

家出人調査の費用・料金相場

探偵業は、家庭や個人のデリケートな問題に立ち入る仕事ですから、
秘密厳守は当然なので、家出人調査の捜索などを依頼されても、
外部に漏れることはありませんので、その点は心配なさらないでください。

 

万一、失踪など、刑事事件に該当するようであれば、
探偵の領域ではなく、きちんと警察への調査依頼をすることをお勧めします。

 

ただし、思春期の子供やなにか事情があって失踪した場合、事件性が少ないと考えられる場合は、
秘密裏に調査する為に、探偵事務所への調査依頼が勧められます。
それによって迅速な調査を行い、家出人の足取りや今どこにいるかなど、
家族にとって必要な情報を調べてもらえます。

 

もちろん家出人の調査の場合は、場所の範囲や調査の長さによって報酬が違ってきますので、
それぞれの探偵事務所の報酬制度をもう一度確認しましょう。

 

この家出人捜査の場合は、見つからないと意味がないので、成功報酬制度にしてもいいかもしれません。

 

探偵事務所毎に当然報酬体系が違いますし、その調査に投入する人員の数によっても違うのは当然です。
ただし、急を要す場合ならば、多勢に無勢、人数が多いほうがいいに違いありません。
一般には、報酬には、調査時間、日数、調査人数、使用機材、
また報告書の作成費用、車両費用、交通費や雑費、諸経費などが入ります。

 

家出人の場合は、捜査の範囲がその尋ね人によってはかなり広範囲になり、
人員が増えたり、交通費が莫大になったりするケースがあり、
きちんとした見積もりを作って貰ってから依頼するといいでしょう。

 

一刻を争うケースもありますが、それでも冷静に契約書を確認しましょう。
一日あたり、一人当たりで計算するところと、着手金、成功報酬で計算する事務所があります。

 

その調査内容で、居住地のみ書類で知らせるだけなら数万円で済む場合もありますが、
殆どのケースで数十万、大掛かりな調査、完全成功報酬制度ですと、百万単位でかかってくることもありますが、
比較的広告費などを抑えている小規模の探偵事務所では、数十万で良心的に調査してくれることもあります。

 

情報量やネットワークの広さでいうと、大手のほうが早いときもありますが、状況や依頼条件にも依るでしょう。